人形町ハンカチ 「人形町×江戸歌舞伎」

  • 770円(税70円)
サイズ:33僉33
素 材:綿100% 2重ガーゼ 日本製

MUCCOオリジナル商品「人形町ハンカチ」シリーズ
江戸時代初期寛永元年(1624)ころ、京都から江戸に来た猿若勘三郎が、猿若座(のちの中村座)を人形町に開いたのが江戸歌舞伎の始まりです。
次いで泉州堺(現在の大阪府)の村山又三郎が村山座(のちの市村座)の芝居小屋を建てました。当時の人形町は、歌舞伎小屋だけではなく見世物小屋や曲芸手品など安く楽しめる娯楽施設が多く立ち並び、大変賑わいのある街でした。                              

ハンカチの素材は、優しい肌触りで吸水性に優れたガーゼ素材です。各店舗を象徴するワンポイントの刺繍は、どれも思わず笑顔になるカワイイデザインが特徴です。

備 考:商品により、洗濯時に脱色する場合がございますのでご注意ください。生地の特性上、洗濯後、多少縮む事があります。
上部へ戻る